子宮癌 乳がん 乳癌

子宮ガンや乳がんの症状についてなど 【女性のお悩みクリニック】




TOPページへ

セックスの悩み
SEXのとき濡れない
セックスで感じない(不感症)
性交痛がある
締まり(しまり)に自信がない
フェラチオ(オーラルセックス)
その気にさせる方法
セックスでキレイになりたい

女性の性の悩み
女性器のにおいが気になる
オナニーの仕方を知りたい
オーガズムを感じたい
男性が好む体になりたい
ストレス解消したい


女性の感じる性感帯
 (性感帯:クリトリス)
 (性感帯:Gスポット)
 (性感帯:ポルチオ)

性病
クラミジア
淋病
ヘルペス
カンジタ
トリコモナス
HIV(エイズ)

婦人病
子宮がん
乳がん
更年期障害

生理
生理周期
生理不順
生理の悩み

女性特有の悩み
冷え性
便秘

女性に対する男性の本音
女性の好み
男性からのSEXの本音

婦人病 子宮がん 乳ガン
子宮がん・乳がん・更年期障害をきちんと知っておきましょう!

ラブグッズ

   子宮がん(癌)について   

子宮ガン子宮頚がん子宮体がんに分けられ、この2つは全く別な病気です。

子宮頚がん
30代から急激に増え始め40〜50代にかけて発症のピーク。本症は性感染症で、セックスによってヒトパピローマウイルスというイボをつくるウイルスに感染した場合、正常細胞が異型細胞(がんの前の状態)になります。この細胞に何らかの要因が加わると、ガン化します。このウイルスに対するワクチンが現在開発中です。

子宮体がん
閉経後の50歳後半〜60歳前半にかけて発症するケースが最も多い。性器出血が殆どの例で見られます。新鮮な赤色の出血でも、黒い出血でも可能性があります。更年期以降の人は通常の子宮ガン検診(子宮頚がん検診)ではなく、年に1回は子宮体がんの検診(細いチューブを子宮の奥に挿入し、吸引して細胞を採取して調べる)を受けて下さい。

子宮がん症状
@不正出血がある
A悪臭のある血の混じったおりものが、腹痛とともに見られる
B神経が圧迫されている場合、腰痛などの痛み
などがあります。

なお、「子宮肉腫」も子宮体部にできる悪性腫瘍で、2〜5%の発生率ですが、がんに比べて進行が早いとされ、怖い疾患です。 とにかく早期発見がなによりも大切。

定期検診はもとより、症状がみられたらすぐに病院へ行かれることをおすすめします。

    乳がん(癌)について    

食生活の欧米化に伴い急増中で、現在胃がんを抜いて女性では罹患率が最も高いがんの「乳がん」となっています。

乳がんの症状は痛みを伴わないしこりが圧倒的に多いのですが、痛みを伴う乳がんもありますから、痛くないなら大丈夫と自己診断をしないで専門医の診察を受けて下さい。

自己検診などの啓蒙により2cm以下の早期がんで受診する人も増えている。早期がんの場合、乳房温存術が一般に行われるようになっていますから、美容上も安心です。

<厚生労働省がん研究助成金「地域がん登録」研究班>
1999年における全国がん罹患数・率推計値
「0〜74歳累積率」(主要部位別、性別)より、1位:乳房、2位:胃、3位:結腸

乳がん症状
@乳房にしこりがある
 (横になって手のひらで触わった場合。筋のように硬い乳腺とはちがう)
A乳頭から分泌物がでる
 (ウミのような白っぽいものや血液)
B乳頭が"えくぼ"のように陥没している
 (鏡に写して外形から見ると体内から引っ張られるような感じになっている)

乳がんは自己検診で発見できる。月に1回はチェックして、小さなしこりも見逃さないように。乳ガンは、触って痛くなくて硬いものが多いのですが、中には触って痛いものもある。

触って痛くないから乳がんではないと思わないで、しこりが触れたら必ず、乳がんの専門医を受診するようにして下さい。

乳ガンの診断は触診だけではなく、乳腺レントゲン撮影(マンモグラフィー)、超音波断層法などで行う。

大人のオモチャ

    更年期障害について    

更年期障害は、卵巣機能低下に伴うホルモン分泌異常と、心理的・社会的要因が複合して起こります。

■ホルモン分泌異常

卵巣は女性ホルモンを分泌するという働きがあります。女性ホルモンは、女性としての組織や細胞を維持したり、不足しがちなカルシウムを骨に貯めたりと、女性の健康を維持するために欠かせないもの。

卵巣の働きが低下し、女性ホルモンが減少すると、体は卵巣の機能を元に戻そうとするために、卵巣を刺激するホルモンを大量に分泌。

これらのホルモンの変化が自律神経に影響を与え、さまざまな症状を起こすのが一因と考えられる。

■社会的・心理的・精神的な変化

更年期は、子どもの受験や独立、親の介護、夫の定年、職場での人間関係など、人生の転換期といえる出来事が重なりがち。これらの出来事がストレスや精神的症状の原因となり、さまざまな症状を増幅させたりします。

更年期障害の症状

■体に現れる症状

◎月経周期の異常
更年期障害の初期段階の症状は月経の異常。最初は月経の周期が短くなり、その後周期が長くなり、最終的に閉経。

◎自律神経失調症
自律神経の乱れによって起こる主な症状は、突然顔にほてりが起こるホットフラッシュや、発汗、動悸など。50歳前後に症状が現れ、通常5年くらいでおさまる。

■心に現れる症状

更年期は、子どもや夫に手がかからなくなるなど、環境の変化がある時期。ホルモンバランスの乱れに環境的な要因が加わると、体以外に心にもさまざまな症状が現れる。

怒りやすくイライラする、倦怠感や無気力、強い不安感、うつ気分などの症状が現れる可能性あり。

更年期障害の治療方法

■ホルモン補充療法

更年期になって急激に減った女性ホルモンを補い、症状をやわらげる治療法。通常はエストロゲンとプロゲステロン2種類の内服薬を服用します。症状を軽減するためには数ヶ月〜2年間、薬の量を調節しながら治療することが必要です。

糖尿病や心筋梗塞、子宮筋腫などの病気がある場合、ホルモン補充療法を行うと症状が悪化することがありえる。また、乳がんの既往がある場合のホルモン補充療法は原則的には禁忌です。

ホルモン補充療法が最適な治療かどうか、各個人によって異なるので、必ず医師と相談し治療を行いましょう。

■カウンセリング

更年期は人生の転換期といえる出来事が重なる時期。無気力、イライラなど精神的な症状が強い場合には、精神安定剤や抗うつ剤などの服用が効果的な場合もある。

一人で悩まず心療内科や精神科で治療を受けましょう。