女性の性感帯 Gスポット 【女性のお悩みクリニック】




TOPページへ

セックスの悩み
SEXのとき濡れない
セックスで感じない(不感症)
性交痛がある
締まり(しまり)に自信がない
フェラチオ(オーラルセックス)
その気にさせる方法
セックスでキレイになりたい

女性の性の悩み 女性器のにおいが気になる
オナニーの仕方を知りたい
オーガズムを感じたい
男性が好む体になりたい
ストレス解消したい


女性の感じる性感帯
 (性感帯:クリトリス)
 (性感帯:Gスポット)
 (性感帯:ポルチオ)

性病
クラミジア
淋病
ヘルペス
カンジタ
トリコモナス
HIV(エイズ)

婦人病
子宮がん
乳がん
更年期障害

生理
生理周期
生理不順
生理の悩み

女性特有の悩み
冷え性
便秘

女性に対する男性の本音
女性の好み
男性からのSEXの本音

女性の性感帯
女性の性感帯Gスポットについてご説明します。

クリトリスGスポットポルチオ

女性は男性より、性感帯が多く存在していると言われています。

男性の性感帯がほぼ1カ所に集中していることに対し、女性の性感帯は体のあちこちに散らばっていて経験をつむほどに性感帯は体全体へと開発されていくのです。

クリトリスGスポットポルチオと言った性感帯があります。

触られて「くすぐったい!」と思うところって絶対ありますよね。それがもう、あなたの性感帯なんですよ。

クリトリス Gスポット 性感帯        

   女性の性感帯と言われているところ   

膣内の性感帯

膣内にはGスポットポルチオと呼ばれている性感帯があります。

ここはクリトリスと違い、誰もが初めから「気持ちい」と感じる性感帯ではありません。経験を積んだり、自分で開発していって始めて「気持ちい」と思えるようになるのです。

でもそれにはそれがどこなのかをまずは知る必要がありますね。下の図を参考に、あなたの最高の性感帯を見つけてみてください。きっと今よりもっと性生活が満たされるようになれるよ。

Gスポット

■Gスポットって感じると、どんな風になる?

クリトリスに次いで、有名な性感帯として、きっとH未体験の人ですら、耳にしたことがある(かもしれない)Gスポット。名前は知っていても、どこにあるか、感じだすとどんな風になるのか知っている人は、100%にはならないと思います。 ということで、Gスポット案内をしてみましょう!

■Gスポットを自分で開発!

せっかくのGスポットの性感があるなら、ひとりHでも開発しましょう。同じ膣内で、同じ触り方をしても、他の部分とは明らかに感じ方が違うと思いますので、自分でいろいろと撫でて探してみます。 Gスポットの快感の感覚の特徴は、全身の力が抜ける感覚です。触っていて、脚がガクガクするなどの反応があったら、そこがGスポットです。

愛撫方法ですが、指の腹を使って押すのがポイントです。圧迫したり、小刻みに振るえさせる、円を描くようなマッサージなど、自分が感じる方法を試してみてください。

初めは、中指1本でGスポット刺激します。ゆっくり出し入れしてください。円を描くように擦り、前後、左右の動きもプラスします。薬指か人差し指のどちらかをプラスして、2本で擦ってもいいでしょう。

出し入れの速度をアップし、Gスポットを少し押さえてもいいでしょう。最後は、中指と薬指の2本で、スポットと膣の入口部分を、ひたすら左右に擦りましょう。気持ちよくなったら、上下左右に!

また、バイブレーターやローターなどを使っての刺激もおすすめします。 気持ちいいことに罪悪感をもたいないで、自分で挿入することにみじめさを持たないで、前向きにHを楽しむと、 きっとGスポットで感じることができるはずですよ。


大人のオモチャ クリトリス

   Gスポットを刺激して快感へと行っちゃいましょう♪   


Gスポットダック

ソフトタッチでハイパワー!!女性モニター大絶賛の赤ちゃんの肌のように超柔らかい素材で作られており、女性にやさしいをテーマに!!

パワフルスィングの特徴あるボコボコボディが効きます。