オナニーでストレスを解消! 【女性のお悩みクリニック】




TOPページへ

セックスの悩み
SEXのとき濡れない
セックスで感じない(不感症)
性交痛がある
締まり(しまり)に自信がない
フェラチオ(オーラルセックス)
その気にさせる方法
セックスでキレイになりたい

女性の性の悩み 女性器のにおいが気になる
オナニーの仕方を知りたい
オーガズムを感じたい
男性が好む体になりたい
ストレス解消したい


女性の感じる性感帯
 (性感帯:クリトリス)
 (性感帯:Gスポット)
 (性感帯:ポルチオ)

性病
クラミジア
淋病
ヘルペス
カンジタ
トリコモナス
HIV(エイズ)

婦人病
子宮がん
乳がん
更年期障害

生理
生理周期
生理不順
生理の悩み

女性特有の悩み
冷え性
便秘

女性に対する男性の本音
女性の好み
男性からのSEXの本音

オナニーでストレス解消
オナニー(マスターベーション)でストレス解消できるんですよ!


   マスターベーション(オナニー)でストレス解消   

■アダルトグッズでストレス解消!

もともと大人のオモチャは女性のヒステリーのためにも使われていたって知っていますか?ストレスや安眠は女性にとってはとても大事。そして女性にだって性欲はあるセックスしたいと思うときもあるんですよ。

マスターベーションも決して恥ずかしいことではありませんよ。

でも、なんでマスターベーションをすることによってストレスが解消になるのでしょうか?実はオナニーは、女性ホルモンが深く関係してるんですよ。ストレスが溜まると、まず女性ホルモンのバランスが崩れてしまいます。でもマスターベーションで快感を得ることにより、女性ホルモンがバランスが整ってきます。

私も仕事をしているので、やっぱりストレスは溜まってしまいます。そんな時は大人のオモチャを使ってなるべくストレスを軽減するようにしているんです。より魅力的で健康的な生活をおくるためにも、上手に大人のオモチャを使って楽しんでみませんか?

■女性ホルモンとは?

女性ホルモンとは、名前は知っているけど、そもそもどういうものなの?といいますと、女性ホルモンとプロゲストロン(卵胞ホルモン)とエストロゲン(黄体ホルモン)の二つから出来ている卵巣ホルモン。

排卵や月経と大きく密接した関係を持ち、女性の体調に大きく関係します。そして女性ホルモンとは言っても、女性だけに存在する訳ではありません

女性にも男性ホルモンがあり、男性にも女性ホルモンが存在するのです。とは言え、ホルモンの量は人によって違ってきます。

華奢な男の人には女性ホルモン、毛深い女性は男性ホルモンなど、それぞれが多い為にその様な現象が起こる。

【プロゲンストン】

体温を上げ、冷えから守る役目を果たす。そして、子宮内に卵巣を着床させやすくする、と言った妊娠や出産に大きく関わる。

【エストロゲン】

女性らしい体を形成したりする、髪を美しくしたり胸を大きくしたりなど。その効果は強力で、男性に与えても胸が大きくなるとか。骨粗鬆症にも効果に加え、子宮内膜を厚くする働きもあります。最近では、感情や自律神経にも大きく関っている事が分かってきています。

■ストレスと上手に付き合う方法

ストレスの原因は、仕事関係、人間関係、家事等、色々な面からの刺激により「ストレス」だと感じる事がある。ストレスがない人は羨ましいわ♪なんて言葉を耳にする事もありますが、ストレスを抱えていない人は何処にもいません。

またストレスは全てが悪い影響を及ぼすようにも思われていますが、現実にはそうではありません。例えば仕事仲間の中にライバルがいた場合、「この人には絶対負けたくないわ。」なんて思う事もあるでしょう。

そういった良い人間関係を自分の中で築き上げる事で、ストレスを良いストレスとして付き合っていく事も可能になる。

【恋愛をする】 先ほど、マスターベーションでストレスが軽減できるということは既にご紹介しました。でも女性にとっては恋愛も大事。恋をすることによって女性ホルモンのバランスが整うことも大いにあるんですよ。

【こまめに気分転換】

毎日あれもしなくちゃ、これもしなくちゃと慌しく生活している人も多いと思いますが、5分でも10分でも良いので一息つける時間を作る事です。その間に好きな音楽を聞いたり、美味しい紅茶を飲んだり・・・・。

少しの時間でも気分転換する事でストレス解消にもなりますし、、その後の動きもだいぶ変わっていく。

【誰かに打ち明ける】

悩み事があったり愚痴を言いたい時は、自分の中に溜め込まず、誰かに打ち明ける事です。誰かにば〜っと打ち明けてしまう事で心の中がすっきりし、肩の力も抜けたように軽くなります。

【甘い部分をつくる】

誰にだって欠点はある。全てを完璧にこなせれば、それはそれで満足のいくことだと思いますが、毎日完璧にこなす必要はありません。体調が優れない時、気分が乗らないときなどは自分に甘い部分を作ってあげると、その後が楽になりますよ。

【月に二日はレディースデー】

女性は1ヶ月に一度月経が訪れてきますが、辛い1日目2日目は自分の中ではレディースデーとして気合を入れない日として用意しておきましょう。生理の日この日だけは手抜きさせてね♪と、そんな日が1ヶ月に2日ぐらいあっても良いと思うよ。