HIV(エイズウィルス)についてお話します 【女性のお悩みクリニック】




TOPページへ

セックスの悩み
SEXのとき濡れない
セックスで感じない(不感症)
性交痛がある
締まり(しまり)に自信がない
フェラチオ(オーラルセックス)
その気にさせる方法
セックスでキレイになりたい

女性の性の悩み 女性器のにおいが気になる
オナニーの仕方を知りたい
オーガズムを感じたい
男性が好む体になりたい
ストレス解消したい


女性の感じる性感帯
 (性感帯:クリトリス)
 (性感帯:Gスポット)
 (性感帯:ポルチオ)

性病
クラミジア
淋病
ヘルペス
カンジタ
トリコモナス
HIV(エイズ)

婦人病
子宮がん
乳がん
更年期障害

生理
生理周期
生理不順
生理の悩み

女性特有の悩み
冷え性
便秘

女性に対する男性の本音
女性の好み
男性からのSEXの本音

エイズ(HIV)の症状
「HIV(エイズ)感染かも・・・」と思ったら、急いで検査をしてくださいね!

エイズとは、HIV(ヒト免疫不全ウイルス)に感染して起こる病気で、HIVに感染すると、身体を病気から守る免疫系が破壊されて、身体の抵抗力が低下し、様々な感染症や悪性腫瘍にかかってしまう病気。

HIVに感染しても、すぐには症状は現れません。しかし、症状がないにもかかわらず、性行為などによって他人にうつる状態にある期間が長く続く。

この期間を潜伏期間といい、短くて6カ月位から長い場合は15年以上の場合もある。潜伏期間を過ぎると、身体の抵抗力が弱まり様々な病気になる可能性がある。この発病した状態をエイズと言います。

   エイズ(HIV)ウィルスに感染したときの症状   

エイズの初期症状

HIVウイルスに感染すると2週間から2ヵ月後に急性感染症状(風邪に似た症状で、発熱・咽頭痛・発疹・下痢など)といわれる症状が現れる。

しかし、特別な症状でないため気付かないことも多く、これでエイズへの感染を判断することは不可能。

発熱、のどの痛み、だるさ、筋肉痛、といったインフルエンザのような症状。症状が出ない場合もある。

無症候性感染期

HIVウイルスは徐々に増殖し身体の免疫機能を低下させていきます。この時期ではまだ免疫機能も働いており、症状は何も出ていない状態です。この時期では、周りの人も自分自身もHIVに感染していることに気付きません。

まったくHIV(エイズ)の症状が出ない状態が、5〜10年くらい続く。

エイズ発症

エイズの症状はHIV感染による直接な症状、健康であれば無害の微生物などにより起こる感染症、二次性悪性腫瘍による症状。

厚生労働省はエイズ発症の特徴的症状として23の疾患を挙げています。複数の合併症が重なることも多くエイズ(HIV)への治療が複雑になり、悪性の腫瘍を発症すると助かりません。

しつこい下痢やひどい寝汗、理由のない急激な体重減少、カビ、原虫、細菌、ウイルスなどによる 日和見(ひよりみ)感染症 や悪性腫瘍、神経障害など、様々な症状を引き起こす。

大人のオモチャ