性病クラミジアについて 【女性のお悩みクリニック】




TOPページへ

セックスの悩み
SEXのとき濡れない
セックスで感じない(不感症)
性交痛がある
締まり(しまり)に自信がない
フェラチオ(オーラルセックス)
その気にさせる方法
セックスでキレイになりたい

女性の性の悩み 女性器のにおいが気になる
オナニーの仕方を知りたい
オーガズムを感じたい
男性が好む体になりたい
ストレス解消したい


女性の感じる性感帯
 (性感帯:クリトリス)
 (性感帯:Gスポット)
 (性感帯:ポルチオ)

性病
クラミジア
淋病
ヘルペス
カンジタ
トリコモナス
HIV(エイズ)

婦人病
子宮がん
乳がん
更年期障害

生理
生理周期
生理不順
生理の悩み

女性特有の悩み
冷え性
便秘

女性に対する男性の本音
女性の好み
男性からのSEXの本音

クラミジアの症状
もっとも感染者が多い性病「クラミジア」の症状についてのお話。

本名は、クラミジア・トラコマティスと言う性病。

もともとは眼の病気の病原体だったものが、性感染症(性病)の病原体と変わったようです。淋病以外の病原菌によって起きる尿道炎の半分以上がクラミジアによるものだといわれています。

全世界で複数の性病の中でももっとも感染者数が高い病気といわれており、最近は盛んにクラミジアをメディアでもとりあげられるようになりました。クラミジアの潜伏期間は、二週間程度といわれています。

   クラミジアに感染したときの症状   

男性のクラミジア感染時の症状

クラミジアに男性が感染した場合、およそ30〜50%の人が自覚症状を感じません。

排尿する時に痛み、違和感、かゆみが出る

尿道から透明または白っぽい分泌物が出る

まれに発熱する

精液に血が混じる(症状が悪化した場合)

といった尿道炎の症状がメインになります。性病の症状が出たときは痛みもあるため、女性に比べれば分かりやすいと言えるでしょう。

だいたい潜伏期間は、クラミジアに感染してから1〜3週間程と言われています。

■女性のクラミジア感染時の症状

女性はクラミジアの自覚症状が出にくく、およそ70〜80%の感染者はこれといった性病の症状を感じません。

おりものが増えたり、黄色っぽくなる

下腹部のあたりが痛くなる

子宮入口あたりからわずかに出血する

性行為(挿入)時に痛みを感じる

などが代表的なところです。いろいろ症状のタイプはあるのですが「これがクラミジア独特の症状だ!」と言える自覚症状に乏しいので、気付かないうちに病状が進行して行きやすいのです。

クラミジアを放っておくと不妊の原因になることが多く、産道を通じて子供にクラミジアが感染してしまうなど、男性とくらべてダメージは大きくなります。ちなみにクラミジア(性病)の潜伏期間は男性と同じく、ほぼ1〜3週間程です。

性器でない部分のクラミジア感染

クラミジアの感染部位はほとんどが性器ですが、近頃はそうとばかりも言えなくなってきました。性が開放的になり、セックスの種類が増えてきたことによって咽頭(のどの奥)、肛門がクラミジアに感染するケースが急増しているのです。

咽頭感染では熱が出たり、のどが腫れたりする症状が出ます。肛門にクラミジアが感染した場合は性器感染と同じように炎症を起こしたりします。ただ、やはりクラミジアの自覚症状がでないことも多く、気付かないまま他人に感染を広げていく原因にもなっています。

コンドーム販売